2017年2月

鏡を見てエイジングケアするときが来たと感じた

鏡を見てエイジングケアするときが来たと感じた

(公開: 2017年2月 5日 (日))

認めたくないことですが、誰にでも平等に老いはやってくるのだなと感じます。毎朝鏡をみる度に、これは現実なんだなと感じます。白雪姫の意地悪なお母さんが、一番美しいのが娘になってしまったことにショックを受けるように。自分の時代ではなく、若い世代が出てきたのだと。

 

鏡を見てエイジングケア

 

女性ならメイクするために必ず鏡を見ると思うのですが、コンシーラーで隠すクマやしみが隠しきれなくなったり、ファンデーションが毛穴に落ちてしまったり、以前とは違うことに薄々気付いていると思います。だけどそこで、いつものメイクを続けるのか、メイクを変えてみるのかで見た目はグンと変わるのではないでしょうか。肌のアラを隠そうとして厚塗りになっていないでしょうか。メイクで隠すのではなく、化粧品で肌を整えることも大切ですよね。エイジングケアを謳っている化粧品に手を出す時が来たのかもしれません。とはいえ、まだまだエイジングケア初心者です。何がいいのかよく分からないと思います。そんなときはネットで口コミを探すのが一番です。ただ、下を向いてスマホの操作をするのは顔の老けを作ることになるので、スマホの位置には要注意ですよ。些細なことですが、一日に行われる頻繁な行為だからこそ気を付けたほうがいいでしょう。


いつものイマークSが激安だと嬉しくなるよね

いつものイマークSが激安だと嬉しくなるよね

(公開: 2017年2月 5日 (日))

野菜の値上がりも落ち着いたようでよかったです。毎日の食卓に欠かせないものが手の出せない値段だと困りますよね。キャビアやフォアグラが高くても、高いものだと思っているし、特別な時に食べる贅沢なものなので何とも感じまないんですけどね。お肉やお魚に比べるとそりゃ安いのですが、いつもの値段を知っていると500円のキャベツなんて買うのに躊躇してしまいます。

 

反対に、いつも使うものだから安いと嬉しいってありますよね。食品で言うと味噌や砂糖のような調味料でしょうか。いつもと同じものがいつもより安い。ほんの数十円のことですが、買わなきゃって思いますよね。生鮮品じゃないから保存もききますしね。そうこうしているうちに、ストックだらけになってしまって期限内に使い切れず破棄、とか本末転倒なことになったりするので気をつけなければなりません。

 

イマークSが激安

 

いつも飲んでいるイマークSが激安でも嬉しいですよね。脂肪が減って、安く手に入れることができるなんて一石二鳥じゃないですか。ダイエットって極端なものは続かないそうです。少しずつの積み重ねが大切なんですね。買い物も少しずつの節約が、いつか役に立つのではないかと思います。そのいつかを夢見て頑張りましょう。