携帯決済を現金化したときの体験談

急な出費により、お金に困ることがありました。

お金もないので、払えずに支払いが滞ってしまいました。

放置してしまった結果、督促状がきてしまいました。

アルバイトでもしようか悩んでいたところ、携帯決済現金化が目に入りました。

携帯決済とは、通信料に購入したものの金額を合算して支払うというサービスです。

ネットで詳しく調べたところ、携帯決済を現金化して生活費に当てているという体験談が書かれていました。

携帯決済には利用限度額(最高10万円程)があります。

早速自分の携帯を調べてみたところ、利用限度額が70000程度ありました。

これを現金化できないかと思いました。

 

決済で買える物を買いそれを売却しようという事を試みようとしました。

しかし、後から莫大な請求が来るのでよく考えた方が良いと一回躊躇しましたが、督促状を無視して裁判にでもなったら...と考えると恐ろしくて実行に移つ事にしました。

実際に何を購入したのかというと、ゲーム本体とゲームソフトでした。

合計68000円で購入したこれらの商品を現金化しようと、売却に行くことにしました。

冷静に考えると、後から請求がくるのでここでやめておき、支払いできない分はアルバイトでもして払ってしまえば良かったのです。

査定を終えて、店員が見積もりを持ってきました。合計48000円程になりました。

68000円で購入したものを現金化することに成功しました。

これで今月は支払いを完了することができました。

 

しかし、68000円で購入したものはそれで済むわけはありません。

次の月になって通話料、通信費込で8万円程の請求がきました。家賃、光熱費などを合わせるとギリギリ支払える額でした。

その月は食費を削って凌ぎました。ここで一度自分のした行動を後悔しました。

8万程の請求など携帯を使用していて支払った事がないので、高額な請求に驚きました。

その時はそれで済んだのですが、また急な出費がきてしまいました。

一度現金化で味を占めてしまった自分はもう一度現金化しようと考えて行動に移しました。

また、6万以上で購入したゲームを5万近くで売るという事を実行し、支払いをしました。

同じ事をしてしまい、後から後悔しました。

 

ここまで書いて思ったことは、この現金化はあまりオススメできない、という事です。

結局後から高額な請求が来るので、一時しのぎにしかならないのです。

 

これから現金化しようと考えている人はこういうリスクがあるという事を考え、実行に移す方が良いと思います。

携帯決済現金化もできて便利